保育士の資格を取得するには

保育士の資格を取得するにはさまざまな方法があります。取得方法をタイプ別に分類しておおよその費用の目安と期間、メリット、デメリットの早見表です。参考程度に見てみても通信教育の優位性がうかがえます。

保育士の資格取得方法

通信制教育
学費目安
40,000円〜300,000円程度
期間
数ヶ月〜2年程度
メリット

学費が安い。

すきま時間で勉強できる。 

勉強期間が短い。  

デメリット

×

幼稚園教諭2種免許状などの他の資格は取得できない。

保育士試験に合格しないとならない。

 

四年制大学
学費目安
初年度1,000,000円前後(入学金等を除く)
卒業まで 総額 3,000,000円〜
期間
4年
メリット

保育士資格試験の免除(卒業と同時に資格が取得できる)

幼稚園教諭2種免許状や小学校教諭1種免許も同時に取得できる場合が多い。

保育分野以外のことも学べる。

学校を通して実際に保育園で実習ができる。

公立保育園への就職率が高い。

デメリット

×

就職まで四年かかる。

学費が高い。

 

短期大学
学費目安
初年度1,000,000円前後(入学金等を除く)
期間
2年
メリット

保育士資格試験の免除(卒業と同時に資格が取得できる。)

デメリット

×

短期で資格を取得するため沢山ある科目を集中して行わなければならない。

 

専門学校
学費目安
初年度800,000円〜1,000,000円前後(入学金等を除く)
期間
2年〜
メリット

保育士資格試験の免除(卒業と同時に資格が取得できる。)

専門分野を中心とした勉強内容なので余裕をもって勉強できる。

デメリット

×

幼稚園教諭2種免許状は専門学校のみでは取得できない。

単位を取るだけでは資格を取ることができない場合も、その場合資格試験を受けなければならない。

 

通信制専門学校、短大
学費目安
初年度400,000円程度(入学金等を除く)
期間
2年〜
メリット

保育士資格試験の免除(卒業と同時に資格が取得できる。)※すべてではありません。

学費が安い。

仕事と両立ができる。 

デメリット

×

通信制専門学校、短大の中には単位を取るだけでは資格を取ることができない場合も、その場合資格試験を受けなければならない。

 

保育士の資格取得方法を説明しましたが、通学は時間と費用がどうしてかかります。一方、時間と費用を最小限におさえるなら通信教育で保育士の勉強ができます。

当サイトを見られているあなたは通信教育で保育士の資格をとりたいと思っている方だと思うので時間的な制約や通学できない事情があることでしょう。そういった条件でも通信教育は対応できるところが良いですね。また、通信教育では保育士試験に合格することで資格取得となります。

このページのトップへ
おすすめの通信講座
四谷学院の保育士講座
保育士の資格について
保育士試験を受けて資格を取得するとは?
保育士の資格を取得するには
保育士と幼稚園教諭免許状の違い
保育士資格を短期間で取得
保育士資格証明書とは
保育士の仕事内容
保育士の一日の仕事内容
保育士になるには
保育士になるには
保育士の勉強方法
独学、通信教育のノウハウ
保育園実習の学生さん
通信講座で独学するポイント
保育士のQ&A
保育士の年収
保育士の給料
保育士試験について
保育士試験の実技試験とは
保育士試験の対策
保育士試験に合格できた方の声
保育士試験の受験資格
保育士試験の筆記試験対策
保育士試験の合格率
保育士試験の過去問題
就職活動
保育士の就職について
運営者情報
運営者情報
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM