保育士試験の筆記試験対策

保育士試験の筆記試験対策ですが、マークシートによる択一方式(五択)です。選択肢から正しいものを選べばいいので、解答しやすいです。ポイントは間違いやすい文章に引っかからないことです。

科目は8科目あります

(1)社会福祉
(2)児童福祉
(3)発達心理学・精神保健
(4)小児保健
(5)小児栄養
(6)保育原理
(7)教育原理・養護原理
(8)保育実習理論

保育士試験の筆記試験

保育士試験の筆記試験は8科目ありますが科目別合格制度をとっています。
これは、受験者にとってメリットで1回の受験で全て合格しなくても各科目は1度合格すれば3年間有効です。

筆記試験の合格ラインは1科目60%以上正解できればクリア

ここで注意したいのが、(3)(7)の科目です。1科目とされていますが良く見ると2科目分になっています。この場合の合格条件はそれぞれ点数を6割以上取り、合計6割以上ではないと合格をもらえません。

(3)発達心理学・精神保健の場合で説明すると

発達心理学 ○×××× 10点
精神保健  ○○○○○ 50点
10+50=60点 不合格!

発達心理学 ○○○×× 30点
精神保健  ○○○×× 30点
30+30=60点 合格!

これは(7)教育原理・養護原理も同様です。
保育士試験の筆記試験対策は1科目ずつ重要なポイントを学習していけば合格は見えます。
勉強はつらいと思うとなかなか頭に入りません。楽しみながら勉強することが大切です。
常に、貪欲に学ぶ姿勢が合格を近くさせます。

このページのトップへ
おすすめの通信講座
四谷学院の保育士講座
保育士の資格について
保育士試験を受けて資格を取得するとは?
保育士の資格を取得するには
保育士と幼稚園教諭免許状の違い
保育士資格を短期間で取得
保育士資格証明書とは
保育士の仕事内容
保育士の一日の仕事内容
保育士になるには
保育士になるには
保育士の勉強方法
独学、通信教育のノウハウ
保育園実習の学生さん
通信講座で独学するポイント
保育士のQ&A
保育士の年収
保育士の給料
保育士試験について
保育士試験の実技試験とは
保育士試験の対策
保育士試験に合格できた方の声
保育士試験の受験資格
保育士試験の筆記試験対策
保育士試験の合格率
保育士試験の過去問題
就職活動
保育士の就職について
運営者情報
運営者情報
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM