保育士試験の対策

通信教育で勉強した場合、保育士試験に合格して保育士の資格を取得できます。試験内容は筆記試験と実技試験の二つ。ただ闇雲に勉強しても保育士試験の対策をするのとしないとでは合格率は変わります。

保育士試験の対策

保育士の資格が取れる学校または専門学校では、卒業時に資格所得ができます。

一方独学の通信教育で勉強する期間は学校または専門学校よりも短期間ですみます。受験資格をクリアしていれば保育士試験は受けられます。

保育士試験の対策ですが、科目は8科目あり一回の試験で8科目全部を合格さすることも可能です。しかし、保育士試験は科目別合格制度をとっているので、合格有効期間は3年なのでその3年間で全科目を合格させれば実技試験が受けられます。

1年目である程度の科目を合格させて、合格できなかった残りの科目を集中して勉強すること良いでしょう。

保育士試験の対策

保育士試験の筆記試験対策

保育士の試験は年に一回なので目標が決めやすいこともメリットとなります。
一年あれば1ヶ月1科目のペースでこなせば無理なく全8科目の勉強ができます。
筆記試験は社会福祉・児童福祉・発達心理学及び精神保健・小児保健・小児栄養・保育原理・教育原理及び養護原理・保育実習理論の8科目です。

保育士試験の実技試験対策

実技試験といってもあまり難しく考えず、課題は前もって分かっているので何度も練習をしてクリアできます。実技試験の内容はすぐにできるものではないので、日々の練習が試験当日に失敗することなく試験に望めるコツです。
実技の試験は3分野(音楽・絵画制作・言語)あり、2分野を自分で選択して試験を受けることになります。

このページのトップへ
おすすめの通信講座
四谷学院の保育士講座
保育士の資格について
保育士試験を受けて資格を取得するとは?
保育士の資格を取得するには
保育士と幼稚園教諭免許状の違い
保育士資格を短期間で取得
保育士資格証明書とは
保育士の仕事内容
保育士の一日の仕事内容
保育士になるには
保育士になるには
保育士の勉強方法
独学、通信教育のノウハウ
保育園実習の学生さん
通信講座で独学するポイント
保育士のQ&A
保育士の年収
保育士の給料
保育士試験について
保育士試験の実技試験とは
保育士試験の対策
保育士試験に合格できた方の声
保育士試験の受験資格
保育士試験の筆記試験対策
保育士試験の合格率
保育士試験の過去問題
就職活動
保育士の就職について
運営者情報
運営者情報
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM