保育士試験の実技試験とは

ここでは、保育士試験実技試験についてお話します。
通信教育で最終的な目的は保育士の資格を取得することです。通信教育で学んだことを保育士試験の筆記試験8科目全てを合格し、さらに実技試験に合格しなければなりません。

保育士試験の実技試験

実技試験は3科目(音楽、絵画制作、言語)から2科目を選択して受験します。
合格するには筆記試験と同じ6割が基準となります。
実技試験に関しては、選択2科目とも6割以上取らなければ合格できません。

実技試験の課題は事前に決まっています。筆記試験が終了し、実技試験日まで約2ヶ月の期間あるので、準備をしておきましょう。

保育士実技試験の合格率

保育士実技試験の合格率は筆記試験に比べ実技試験は非常に合格率が高いとされています。
合格のポイントは応用力です。何度も練習することです。
試験本番まで期間があるので練習をして自信をつけましょう。

3科目すべて合格する必要はなく、2科目の選択になるので、いちばん苦手なものをはずし、残った。
2科目を妥協せず練習しましょう。

実技試験の出題例

音楽
例年、あらかじめ指定された課題曲(童謡)2曲をピアノ(または、ギター、アコーディオン)で伴奏しながら歌う「弾き歌い」が課されています。

課題曲例
「さっちゃん」「幸せなら手をたたこう」「まつぼっくり」「ふうせん」「とんぼのめがね」など

幼児に歌って聴かせることを想定して、課題曲の両方を弾き歌いします。

ピアノの以外の楽器でも可能とされますが、いろいろと制約があるのでピアノの練習に集中されることをオススメします。弾き歌いは1節です。


絵画制作
課題「保育所(園)での子どもと保育士との生活や遊びの一場面を表現する」
表現に関する条件を保育士試験の実技試験当日に提示します。
「ふれあう動作」「保育士と子どもそれぞれを1人以上」など

画材は各自で準備します。受験者の間での用具の貸し借りは認めませんので、忘れないように注意して下さい。
クレヨン、パステル、マーカー等は不可とされていますので、無難に色鉛筆を準備し12色あれば色を選ぶにも迷わないため絵画に集中できます。

試験時間は45分、試験用紙の大きさはB4なので色鉛筆で応用力をきかして色々描いて練習しましょう。

保育士試験の実技試験(言語)

言語
題材は、自作・他作を問わず、童話・神話・民話・伝説・昔話等自由なので、1つの童話等を3分間口演します。
この課題の狙いは、「自分の前にいる20人程度の3歳児クラス、4歳児クラス、または5歳児クラスの幼児に集中して話を聞かせる時間という想定のもとに話す」ということです。

話を聞いている幼児の対象年齢については、当日、実技試験採点委員より指示があります。各年齢層に対応できる題材・話を準備しておくと安心ですね。

口演なので人形・絵本・紙芝居等の使用は一切禁止です。失格になります。

3分間の口演だからといって、お話を3分で終わらせるということではありません。
お話が途中であっても採点には影響ありませんので安心して保育士試験の実技試験に望みましょう。

このページのトップへ
おすすめの通信講座
四谷学院の保育士講座
保育士の資格について
保育士試験を受けて資格を取得するとは?
保育士の資格を取得するには
保育士と幼稚園教諭免許状の違い
保育士資格を短期間で取得
保育士資格証明書とは
保育士の仕事内容
保育士の一日の仕事内容
保育士になるには
保育士になるには
保育士の勉強方法
独学、通信教育のノウハウ
保育園実習の学生さん
通信講座で独学するポイント
保育士のQ&A
保育士の年収
保育士の給料
保育士試験について
保育士試験の実技試験とは
保育士試験の対策
保育士試験に合格できた方の声
保育士試験の受験資格
保育士試験の筆記試験対策
保育士試験の合格率
保育士試験の過去問題
就職活動
保育士の就職について
運営者情報
運営者情報
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM