保育士の一日の仕事内容

保育士の一日の流れと仕事内容を説明します。保育園で行われる日課は預かり保育によって登園時間も降園時間に差があり保育士の勤務体制は早番から遅番とシフト制をとっているところが多いです。

保育士の一日の流れと仕事内容

保育園は幼稚園と比較して1日の保育時間が長くなります。各園によって一日の日課の組み方に違いがありますが、保育園の一日の流れの参考になります。

保育園の一日の流れ
   職員出勤です。早番から順次出勤に
   なります。

   園児たち登園、すきな遊び。(自由保
   育)遅番の職員も9:00には出勤します。
   その間に朝の職員打ち合わせ

   朝の会と歌、外であそんだり散歩します。
   (自由保育)

   お弁当(給食)の準備をして昼食。
   片付け。

   園児たちお昼寝。職員会議と連絡帳
   記入。

   おやつ準備・おやつ・おやつ片付け、
   帰りの会。早番の職員は退勤。

   好きな遊び(自由保育)・時間外保育
   (延長保育)。遅番の職員が最後まで
   いることになります。

この日課は一例であり、もっと遅い9時ちかくまでの遅番の保育園もあります。

このページのトップへ
おすすめの通信講座
四谷学院の保育士講座
保育士の資格について
保育士試験を受けて資格を取得するとは?
保育士の資格を取得するには
保育士と幼稚園教諭免許状の違い
保育士資格を短期間で取得
保育士資格証明書とは
保育士の仕事内容
保育士の一日の仕事内容
保育士になるには
保育士になるには
保育士の勉強方法
独学、通信教育のノウハウ
保育園実習の学生さん
通信講座で独学するポイント
保育士のQ&A
保育士の年収
保育士の給料
保育士試験について
保育士試験の実技試験とは
保育士試験の対策
保育士試験に合格できた方の声
保育士試験の受験資格
保育士試験の筆記試験対策
保育士試験の合格率
保育士試験の過去問題
就職活動
保育士の就職について
運営者情報
運営者情報
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM