保育士になるには

保育士になるにはまず基本知識として知っておかなければならないことがあります。
将来どんなお仕事をしたいですか?と子供たちに聞くと「保育園の先生」「幼稚園の先生」とダントツの人気で保育園や幼稚園の先生が「なりたい職業」のひとつですが、保育園と幼稚園では取得しなければならない資格よって保育園の先生か幼稚園の先生か分かれることは知っていますか?

実は、保育園と幼稚園では管轄しているところが違うからなのです。

幼稚園は文部科学省の管轄で「教師」として、保育士は厚生労働省の管轄で「福祉職員」として分けています。

このサイトの主旨から保育士だけに的を絞って説明することになりますが、
保育士になるには主に2つの方法があります。

1.保育士資格試験を受験し、筆記試験と実技試験に合格することで資格が取得できます。

この資格試験は誰でも受験することが出来るのではなく、受験資格が定められています。
自分が受験資格を満たしているのか保育士協議会のホームページで確認してみると良いでしょう。


2.保育士の学校を卒業すると保育士の資格が取得できる。

保育を学ぶ大学・短大・専門学校に通学し、卒業時に保育士の資格を取得することができます。

もしあなたが高校生で、これから保育士になりたいと考えている人は保育士の学校の選択が最も確実に早く保育士になる道だと考えられます。

一般社会人で仕事をもっている方、主婦である方でこれから保育士になりたいと考えるのであれば、保育士資格試験の受験が現実的だと思います。その場合、勉強方法は通信講座は自分のペースでできるので都合上良いと思います。

このページのトップへ
おすすめの通信講座
四谷学院の保育士講座
保育士の資格について
保育士試験を受けて資格を取得するとは?
保育士の資格を取得するには
保育士と幼稚園教諭免許状の違い
保育士資格を短期間で取得
保育士資格証明書とは
保育士の仕事内容
保育士の一日の仕事内容
保育士になるには
保育士になるには
保育士の勉強方法
独学、通信教育のノウハウ
保育園実習の学生さん
通信講座で独学するポイント
保育士のQ&A
保育士の年収
保育士の給料
保育士試験について
保育士試験の実技試験とは
保育士試験の対策
保育士試験に合格できた方の声
保育士試験の受験資格
保育士試験の筆記試験対策
保育士試験の合格率
保育士試験の過去問題
就職活動
保育士の就職について
運営者情報
運営者情報
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM