独学、通信教育のノウハウ

独学でやる通信教育のノウハウについてお話します。どの講座にもあてはまることですが、通信教育は独学が基本なので、最後までやり通す意思が弱いと挫折しやすいことです。

よく、ネットで大手の通信教育のお勧めサイトでは「通信教育はすきま時間でできます。」と書いていますが、自分の都合の良いように考えると「いつでも簡単に勉強できる」と解釈してしまっていることが多く、軽い気持ちでやる方がいます。それがいけないということではないのですが、せっかくお金を出してやるのですから、目標をもってやっていただかないと、「やろう」といった「やる気」や自分に投資した金がもったいないのです。

独学、通信教育のノウハウ

たしかに教材は専門用語がたくさん出てきますので1科目ずつ丁寧に勉強するのは大変です。

でも、通信教育の場合、学校などで受ける授業の内容よりも簡素化され重要なポイントだけに勉強を集中させる工夫されています。
ですから、教材は無駄のない勉強内容になっています。

通信教育のデメリットは、自分との意思の戦いで克服できます。

保育士の通信教育に限らずどの通信教育でもいえることですが、
通信教育の教材の中身は非常に独学でも十分勉強できる内容に工夫されています。

しかし、いくら良い教材でも勉強を進めなければ、なんの意味もありません。
進めるのは自分。辞めてしまうのも自分。まったくやらなくても誰にも叱られる事もありません。

最初は強い意志で「保育士の資格を取るんだ!」と思っても勉強をするにつれてだんだんその意思が折れていくことはしかたありません。だれにだってあることです。

保育士を独学で通信教育

でも、そこで挫折してしまわないで、何度でも立ち直って勉強をすることができればいいのです。
では、どうやって通信教育の独学デメリットを克服させるか?

とても簡単なことです。
・必ず、一日の勉強は内容が簡単でも難しくても決められた範囲だけをおこなう。

・「忙しくて今日はできない、あしたやればいいや」と思わず「すごく充実しているさらに勉強しよう!」と考えて勉強する。

・分からないことがあればメール、FAX、郵便で質問しておき、次のステップの勉強を進めていく。

時間的に余裕が無い人ほど、通信教育を完全に終える傾向にあります。
逆に、時間があるとついつい余計なことをしてしまったりして集中ができないからです。

たとえ試験までに期間があったとしてもいつも同じペースで勉強することが挫折させないコツです。

このページのトップへ
おすすめの通信講座
四谷学院の保育士講座
保育士の資格について
保育士試験を受けて資格を取得するとは?
保育士の資格を取得するには
保育士と幼稚園教諭免許状の違い
保育士資格を短期間で取得
保育士資格証明書とは
保育士の仕事内容
保育士の一日の仕事内容
保育士になるには
保育士になるには
保育士の勉強方法
独学、通信教育のノウハウ
保育園実習の学生さん
通信講座で独学するポイント
保育士のQ&A
保育士の年収
保育士の給料
保育士試験について
保育士試験の実技試験とは
保育士試験の対策
保育士試験に合格できた方の声
保育士試験の受験資格
保育士試験の筆記試験対策
保育士試験の合格率
保育士試験の過去問題
就職活動
保育士の就職について
運営者情報
運営者情報
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM