保育士試験を受けて資格を取得するとは?

保育士試験を受けて資格を取得するとはどういうことか?
一般的に保育士の資格を取得するには、短大なのどの学校に通って取得します。短大の場合、最低でも3年かかることになり、実技についても学べ、保育士・幼稚園教諭の資格をダブルで取得することができる場合もあります。一般的に年間かかる費用は100万円をこえます

保育士試験を受けて資格を取得する?

通信教育資格を取得する場合に試験があります。
転職や再就職を考えて保育士の資格を取得したいのであれば、学校に通学はできないので、通信教育が現実的です。

通信教育で保育士の資格を取得するには筆記試験を8科目全部に合格し2ヶ月後にある実技試験に合格しなければなりません。

試験内容は8科目別になっており一年に一度しかない保育士の試験なため、8科目全部をいっぺんに合格することも不可能ではないですが、確実に合格するためには一科目ずつじっくり勉強して試験に望んだほうが合格率を高められるようになります。保育士の試験合格率は具体的な数値は出せませんが低いことは確かです。

全科目を合格させる基準としては2年から3年の期間で合格できればいいので、あせらずに勉強することが大切です。

保育士試験の合格率は?

通信教育の試験は開始して12ヶ月以内の翌年の8月の試験に行います。通信教育で試験で不合格でも次の翌年の試験まで添削や質問など全ての指導サービスが受けることができます。受けようとおもう数新教育があれば事前に延長制度と費用について確認すると安心です。

学校通学と違い通信教育なので実技科目はありません。通信教育の場合、不安になるのが実技試験ですが、通信教育の教材の中に実技内容が勉強できるDVDがあります。何度も繰り返し見れるのも通信教育の教材の魅力です。

それでも不安な場合は実技科目を教えてもらえる公開講座に参加することも考えてみてはどうでしょう。短大や民間で実技をおこなう場合がありますので問い合わせてみてみましょう。

このページのトップへ
おすすめの通信講座
四谷学院の保育士講座
保育士の資格について
保育士試験を受けて資格を取得するとは?
保育士の資格を取得するには
保育士と幼稚園教諭免許状の違い
保育士資格を短期間で取得
保育士資格証明書とは
保育士の仕事内容
保育士の一日の仕事内容
保育士になるには
保育士になるには
保育士の勉強方法
独学、通信教育のノウハウ
保育園実習の学生さん
通信講座で独学するポイント
保育士のQ&A
保育士の年収
保育士の給料
保育士試験について
保育士試験の実技試験とは
保育士試験の対策
保育士試験に合格できた方の声
保育士試験の受験資格
保育士試験の筆記試験対策
保育士試験の合格率
保育士試験の過去問題
就職活動
保育士の就職について
運営者情報
運営者情報
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM